マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊娠中の歯の治療

妊娠中は虫歯になりやすい

妊娠すると女性の体はホルモンバランスが変化し、唾液の量が減ったりします。唾液には虫歯の進行を抑える成分が入っているですが、唾液の量が減ると今まで虫歯がなかった人でも虫歯になりやすくなります。つわりの状態によっては普段通り歯磨きができなくなることもあります。また歯周病の原因菌が増加し、歯茎の炎症も起こりやすくなります。

赤ちゃんにも影響があります

生まれてきたばかりの赤ちゃんのお口に虫歯菌はいません。赤ちゃんの虫歯は親から移ります。自分が食事中使っている箸で食べ物を与えたり、熱い食べ物をふーふーしたり、キスをしたり等で虫歯菌が移ります。しかしこれらは愛情表現でもあるため、行為全てをやめることはできません。そのためお母さんのお口の中を健康な状態にしておくことで、赤ちゃんに移る虫歯菌を減らすことができます。

妊娠中も治療できます

妊娠中も歯の治療ができます。虫歯チェック、歯茎が炎症していないか、歯石ができていないか、歯磨き残しができていないかなどを検査し、必要応じて治療を行います。つわりが辛い時期や、椅子に座っているのが困難な場合は治療を避けた方がいいです。妊娠後期になり落ち着いた段階で、治療やクリーニング、検診することをお勧めします。

ご自宅で出来ること

妊娠中は味覚が変化することもあり、今まで使っていた歯磨き粉の味に抵抗を感じることもあります。つわりが辛い時期は無理に歯磨き粉を使わず、歯ブラシに水を付けて歯磨きするだけでも汚れは落とせます。歯磨き粉を使わないと、気持ち的にすっきりしないこともあると思います。そのような場合や、歯ブラシをお口に入れることが辛い場合は、洗浄剤を使用してうがいをするだけでも大丈夫です。

患者様の声

2018.00.00 N.S様


サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト