インプラント・義歯

インプラントについて

インプラントについて

失った歯を補うインプラント

失った歯を補う治療法にインプラントがあります。補うという点では入れ歯も同じで、どちらの治療法にもメリットはあり、お口の状態や骨の密度、インプラントを埋め込む場所、ご病気によってはインプラントができない事もあり、その場合は入れ歯をお勧めする事もあります。どちらの治療をするにしてもメリットとデメリットをお伝えし、治療方法にご納得いただいた治療を行います。

10年20年先を考えた治療

インプラントはしっかりとケアを行うことで、10年20年先まで使用することができます。インプラントの被せ物が虫歯になることはありませんが、インプラントを埋めた歯茎は歯周病になります。インプラント治療の後はしっかりとケアをしていただくことが何よりも重要となります。長くインプラントを使えるよう定期検診で歯周病のチェック、衛生士から歯周病を予防する歯磨き方法をお教えさせていただきます。

骨との結合まで時間がかかります

インプラント治療は1日で終わるとイメージされている方がいますが、治療は1日では終わりません。インプラントが顎の骨と結合するまでに2~6ヵ月かかります。インプラントが骨と結合したことが確認できてから、被せ物を作製いたします。

インプラントは治療後からがスタートです

インプラントが虫歯になることはありませんが、歯茎が歯周病になることは1番避けなくてはいけないことです。歯周病は歯を支えている歯茎の骨がなくなり、やがて歯が抜け落ちる病気です。時間をかけて治療したインプラントが抜け落ちてしまうのはもったいないことです。数十年先もインプラントを使い続けるには、日頃からしっかりと歯磨きを行い、定期的に医院で歯周病チェックとクリーニングを行うことが重要となります。

入れ歯

外れにくい入れ歯

フィットしていない入れ歯

入れ歯のご相談で多いのが「いま使っている入れ歯が合わない」という内容です。中にはいくつも入れ歯を持っていて、どれも合わないから使っていないという方もいらっしゃいます。入れ歯が合わなくなる原因として、歯茎が痩せたために合わなくなったということが考えられますが、よく患者さんのお話を聞いてみると、はじめからしっかりフィットしていなかったことが大きな原因となっているようです。

入れ歯の痛み

入れ歯が合わないから使っていないという方は、入れ歯を使うことにとても苦痛を感じています。お話を聞いていると、とても耐えられない痛みがあるとのことで、歯茎を見てみると口内炎が大きく広がっている状態になっています。これでは痛いはずです。体の外に出ている手や足などをどこかにぶつけても、ある程度の痛みなら我慢できますが、体の中は外部に触れることに慣れていないため、想像以上の痛みが出ていると思います。

歯科医師としてできること

歯科医師として、患者さん一人ひとりのお口の状態を細かく検査し、正しい噛み合わせを見極め、最適な入れ歯をお作りすることを心がけていますい。そのためにはしっかりと型取りを行い、技巧所と綿密な連絡を取り合い最適な入れ歯を提供することだと考えております。

保険の入れ歯

保険の入れ歯は作製期間が短く、保険内で作れるので費用も抑えられます。ただ、保険の入れ歯の場合、どうしても使用できる素材がプラスチックになってしまうため、厚みがあり、食べ物や飲物の温度を感じにくくなってしまいます。使い慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、費用を抑えたい方にはお勧めです。

外れにくい入れ歯

保険の入れ歯では使用できる素材に制限があるため、薄い入れ歯や、フィット感、審美性を求める方は自費の外れない入れ歯をお選びになる方もいらっしゃします。保険と自費、どちらの入れ歯にするかは患者さんご自身で決めていただいております。どちらの入れ歯にもメリット、デメリットがございますので、詳しくお聞きになりたい方はお声がけください。分かりやすく丁寧にご説明いたします。

患者様の声

2018.00.00 N.S様


サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト